logo

Twitterでのトランプ大統領の批判ブロックは違憲--米裁判所

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月10日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領は、Twitterのブロックボタンをレイオフしなければならないようだ。米連邦裁判所は、大統領のTwitterはパブリックフォーラムであるため、大統領はTwitterのユーザーをブロックできないとの判決を下した。

Donald Trump米大統領
Donald Trump米大統領
提供:Getty Images

 米連邦第2巡回区控訴裁判所は満場一致で、ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所の2018年の判決を支持した。Trump大統領は2017年に、ユーザーをブロックしたことで訴えられていた。

 「米憲法修正第1条は、あらゆる種類の公的目的にソーシャルメディアアカウントを利用する官僚は、開かれたオンライン上の会話となるはずの場から、官僚が同意しない意見を表明したからという理由で、ユーザーを排除することを許可しない」とBarrington D. Parker判事は記した。

 2017年の裁判では、コロンビア大学のナイト憲法修正第1条研究所が大統領にブロックされた複数のTwitterユーザーを代表して、大統領を提訴した。同研究所は、ユーザーをブロックする行為について、「指定されたパブリックフォーラムへの参加に対して、違憲状態の制限を強要するものだ」と述べた。

 研究所のエグゼクティブディレクターを務めるJameel Jaffer氏は米国時間7月9日、プレスリリースの中で次のように述べた。「公職者のソーシャルメディアアカウントは今や、政府の政策に関する議論にとってとりわけ重要なフォーラムだ。(中略)この裁定により、人が見解だけを理由にそうしたフォーラムから排除されないことと、公職者が有権者による批判から遮断されないことが、今後保証される。この裁定は、われわれの民主主義にとって重要性を増すデジタルスペースの健全さと活力を確保するのに役立つだろう」

 控訴審でTrump大統領の代理を務めた米司法省は9日、同氏が個人アカウントでユーザーをブロックするという判断は違憲ではないと、電子メールの声明で述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]