logo

マイクロソフト、7月の月例パッチ公開--ゼロディ脆弱性2件にも対処

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年07月10日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月9日、月例のセキュリティパッチを公開した。7月は77件の脆弱性を修正しているが、この中にはゼロディ脆弱性も2件(CVE-2019-0880とCVE-2019-1132)含まれている。

 2件はいずれも特権昇格の脆弱性だ。悪意あるハッカーが遠隔からコンピューターを乗っ取ることはできないが、システムへのアクセスを取得し、より高い権限を持つアカウントへとアクセス権を昇格した後利用される恐れがある。

 2件のうち特に重要なのはCVE-2019-1132で、Win32kコンポーネントにおける特権昇格を可能にする脆弱性だ。この脆弱性はESETが発見した。ロシア政府の支援を受けたハッカー集団の一連の攻撃で悪用された可能性もあるという。ESETは米ZDNetに対し、これらの攻撃とゼロディ脆弱性についての詳細な説明を7月10日にもブログで公開する予定だと述べた。

 CVE-2019-0880は、splwow64.exeの特権の昇格の脆弱性だ。発見したのはResecurityで、実際に被害が報告された悪用の例について詳細は現時点では明らかになっていない。

 さらにMicrosoftは、詳細な情報が公開されており、攻撃者を助けることになりかねない脆弱性6件に対するパッチも提供している。現時点では攻撃は確認されていない。6件の脆弱性は以下の通り。

 このほか、7月の月例パッチでは、最も深刻度が高い「緊急」に分類されている脆弱性15件などへのパッチが含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]