logo

1000件以上の「Android」アプリが無許可でデータ収集--ICSI調査

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月09日 08時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」アプリの権限は、ユーザーの端末からどれだけのデータを引き渡すかを監視する門番の役割を果たすものだ。懐中電灯アプリに通話履歴を読み取られたくなければ、そのアクセス権限を許可しないように設定できるはずだ。しかし、許可しない設定をしても、多くのアプリがその設定をかいくぐってデータにアクセスしているという。1000件を超えるアプリが制限を回避し、ユーザーの目を盗んで正確な位置情報や端末識別子を収集していることを、研究者らが発見した。

提供:Jason Cipriani/CNET
提供:Jason Cipriani/CNET

 国際計算機科学研究所(ICSI)の研究者らは、最大で1325件のAndroidアプリが、ユーザーが権限を明示的に禁止した後も端末からデータを収集していたことを発見した。ICSIでユーザブルセキュリティおよびプライバシー研究担当ディレクターを務めるSerge Egelman氏は、6月下旬に米連邦取引委員会(FTC)主催で開催されたPrivacyConで、その研究結果を発表した。

 「基本的に、自分のプライバシーを合理的に管理したり、それに関する判断を下したりするために使用できる手段や手がかりは、消費者にほとんど与えられていない」と、Egelman氏はカンファレンスで述べた。「アプリ開発者がシステムを迂回することができるのであれば、権限を許可するかどうかを消費者に尋ねることにあまり意味はない」(Egelman氏)

 Egelman氏によると、研究者らは2018年9月に、この問題をGoogleとFTCに通知したという。Googleは、2019年にリリース予定の「Android Q」でこの問題に対処するつもりだと述べた。

 Googleによると、Android Qでは、写真の位置情報をアプリに見せないようにし、Wi-Fiにアクセスする任意のアプリに位置データに対する権限も取得するよう求めることによって、この問題に対処する予定だという。

 研究者らは、米国向け「Google Play」ストアで提供されている8万8000件を超えるアプリを調査し、権限を許可されなかった場合にアプリからデータがどのように転送されるかを追跡した。Android上の権限設定に違反する1325件のアプリは、そのコード内に隠された回避策を使って、Wi-Fi接続や、写真に保存されたメタデータなどの情報源から、個人データを取得していた。

 Egelman氏は、8月のUSENIX Securityカンファレンスで調査結果を発表する際に、発見した1325件のアプリのリストについて詳細を公表する予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]