logo

BMWとダイムラー、レベル4の自動運転技術を共同開発へ--2024年に市場投入目指す

Campbell Kwan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年07月08日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWとDaimlerが、最大でレベル4の自動運転技術を開発することで提携した。レベル4は、特定の条件下で人が介入せずに自動運転を可能にする技術だ。

 両社は「拡張可能な自動運転プラットフォーム」の構築を目指し、ドライバー支援システム、高速道路での高度な自動走行、自動駐車の技術を開発する。2024年の市場投入を見込む。

 この協業は排他的なものではなく、他の自動車メーカーやIT企業による参加も歓迎するという。BMWとDaimlerは、この拡張可能なプラットフォームを他の自動車メーカーにライセンス供与する計画だ。

 自動運転技術の開発では、専門家1200人以上が協働する。ドイツのミュンヘン近郊にあるBMW GroupのAutonomous Driving Campusや、ジンデルフィンゲンにあるMercedes-Benz Technology Centre、インメンディンゲンにあるDaimler Testing and Technology Centreが拠点となる。

 両社は、提携を拡大して、都市部でのさらに高いレベルの自動運転に取り組むことについても協議中であることを明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]