logo

Googleアシスタント搭載--レノボ、国内でもスマートクロック発売へ

坂本純子 (編集部)2019年07月08日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは7月8日、Google アシスタント搭載スマートディスプレイ「Lenovo Smart Display M10」「Lenovo Smart Clock」を発表した。いずれも予約販売開始は7月9日、出荷開始は7月19日を予定している。

Lenovo Smart Clock(左)とLenovo Smart Display M10(右)
Lenovo Smart Clock(左)とLenovo Smart Display M10(右)

 Lenovo Smart Display M10はキッチンやリビング、Lenovo Smart Clockは寝室での利用を想定したモデルだ。音声操作でインターネット検索、天気・気温の確認、音楽再生、対応スマート家電のコントロール等が行えるほか、ディスプレイを活かした視覚的な情報取得やタッチ操作も可能。

 Lenovo Smart Display M10は、10.1型IPSディスプレイを搭載。Google Nest Hubと互換のアプリケーション対応により、テレ朝newsやNIKKEIなどの国内動画ニュースコンテンツも視聴できる。500万画素のカメラを搭載し、ビデオ通話もサポート(通話時は縦置きも可)。カメラにはプライバシーシャッターが備え付けられ、物理的にレンズを遮ることができる。Lenovo Smart Display M1の販売価格は2万2800円(税抜)。

Lenovo Smart Display M10
Lenovo Smart Display M10

 Lenovo Smart Clockは、ベッドサイドでの利用を想定した製品で、4.0型IPSディスプレイを搭載する。めざましディスプレイ機能により、アラーム設定時間の30分前から徐々にディスプレイを明るくする。Google アシスタント対応スマート家電のコントロールも行える。背面にはUSBポートを備え、スマートフォンの充電等に便利だ。販売価格は9100円(税抜)。なお、7月19日まで2000円を割引くスペシャルオファーを提供予定だ。

Lenovo Smart Clock
Lenovo Smart Clock
Lenovo Smart Display M10とLenovo Smart Clockのスペック
Lenovo Smart Display M10とLenovo Smart Clockのスペック

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]