logo

グーグルとFacebook、広告市場での影響力悪用の疑いで英当局が調査へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月04日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の競争・市場庁(CMA)がデジタル広告とオンラインプラットフォームの調査を開始した。この調査では、特にFacebookとGoogleに焦点を絞ると、CMAは現地時間7月3日に述べた。

提供:Olly Curtis/Future Publishing via Getty Images
提供:Olly Curtis/Future Publishing via Getty Images

 過去には、欧州連合(EU)でも同様の調査が行われた。その結果、Googleは「影響力を悪用した」オンライン広告慣行を実施しているとして、17億ドルの罰金を科された。EUは2018年にも、GoogleがモバイルOS「Android」で独占禁止法に違反する慣行を実施しているとして、50億ドルの罰金を科した。

 この調査についてCMAが公開した文書(PDF)には、「特にGoogleとFacebookの2社(およびYouTubeやInstagramなど各子会社)は英国のオンライン広告市場で主導的な地位を占めており、英国におけるデジタル広告売り上げの大部分はこれら2社によるものだ。デジタル広告は、両社の売上高の大部分を占めている」と書かれている。

 CMAは7月30日まで、政府や広告主、出版社、アドテック(広告技術)企業、消費者団体、オンラインプラットフォームなどの組織のコメントを受け付けている。その後、2020年1月2日までに市場捜査に言及すべきかなどを決定する。最終報告書は2020年7月2日に発表予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]