logo

パナソニック、4K長時間録画モードに対応した4Kチューナー内蔵「ディーガ」

加納恵 (編集部)2019年07月02日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月2日、「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応したBDレコーダー「ディーガ DMR-4W400/4W200/4S100」(想定税別価格:14万円前後/11万円前後/9万円前後)を発表した。新4K衛星放送番組の視聴、HDDへの録画に加え、放送画質のままBDにダビングが可能だ。発売は7月19日。

「ディーガ DMR-4W400/4W200/4S100」
「ディーガ DMR-4W400/4W200/4S100」

 4K長時間録画モードは、独自の4K HEVCエンコーダーにより、新4K衛星放送の特長である「4K高解像度(3840×2160 」「広色域規格BT.2020」「10bitの細やかな階調表現」「高輝度化技術HDR」や「滑らかな60p表示」といった要素を残しながら映像を圧縮するもの。4K 4倍録モードなら、4TBで最大約1040時間、2TBは約520時間、1TBは約260時間の録画が可能だ。

 DMR-4W400/4W200は、新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載し、2番組同時録画に対応。従来のハイビジョン放送にも対応しており、新4K衛星放送2番組に、ハイビジョン放送1番組を加えて、最大3番組同時録画もできる。

 「おうちクラウド機能」を使えば、ディーガにためた音楽や写真・動画をスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」で楽しめるほか、外出先からのスマートフォンによる録画予約が可能。スマートフォンでの番組視聴もサポートする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]