logo

NASA、土星の衛星タイタンでドローン「Dragonfly」を飛ばす--生命の可能性を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)は、土星の衛星「タイタン」にマルチコプター型ドローン「Dragonfly」を送り、生命活動に関する物質の有無などを調査すると発表した。Dragonflyは、2026年に打ち上げられ、2034年にタイタンへ到着する予定。

土星の衛星へドローンを送り込む(出典:NASA)
土星の衛星へドローンを送り込む(出典:NASA)

 タイタンは土星最大の衛星で、大気を持つほか、液体のメタンやエタンでできた海があり、生命存在の可能性が指摘されている。タイタンの大気は密度が地球の4倍あって濃いうえ、重力が小さいため、ドローンが飛行できるそうだ。

 Dragonflyは、4組のダブルローターを備えるマルチコプター。タイタンでの実験に成功すれば、地球外の天体で初めて飛行して移動する探査機になるという。

タイタン上で移動させてサンプルを採取(出典:NASA)
タイタン上で移動させてサンプルを採取(出典:NASA)

 タイタンでは数十カ所でサンプルを採取し、生命活動に関する化学反応などを調べる。2年半以上におよぶ調査で、総移動距離は175kmを超える見通し。

Dragonflyの紹介ビデオ(出典:NASA/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]