logo

Facebookの利用規約、収益化の仕組みやユーザーの権利を明確化へ

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月28日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、自社の事業の仕組みと個人情報の利用方法について、人々に「明確でわかりやすい説明」をしたいという。Facebookは米国時間6月27日のブログ記事で、同社が収益を上げる方法を明らかにし、サイト上におけるユーザーの権利を説明することを目的とする利用規約の改定について、概要を説明した

Facebookのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Facebookは、収益を上げる方法(広告を販売しているので、製品については料金がかからないことに関する説明も)や、ポリシーに違反するコンテンツを削除する際に起きることについて、利用規約にさらなる情報を追加する。また、知的財産権に関する説明を明確化するほか、ユーザーがコンテンツを削除した場合に起きることについて、さらに詳しい説明を追加する。

 Facebookによれば、ポリシーを変更するわけではなく、より明確に説明しようとしているだけだという。

 改定された利用規約は、7月31日に発効する。Facebookによると、ユーザーは、「利用規約」ページを訪問して、事前に変更点を確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]