logo

エアバス子会社Voom、「Uber Copter」対抗のヘリコプターサービスを米国で開始予定か

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月24日 09時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbus子会社のVoomが、オンデマンドのヘリコプターシャトル便サービスを米国で2019年秋に開始すると報じられている。同社はこれまで、このサービスを南米のみで提供していた。Fast Companyによると、Voomはサービスを提供する都市や利用料金について明らかにしていないが、「地上の移動手段に対抗する」価格になると述べた。同社はさらに、2019年にアジアでサービスを展開する計画で、2025年までに世界25都市で事業を運営することを目指すとしているという。

Airbus/Voom
提供:Airbus/Voom

 このサービスはアプリベースで、配車サービスのUberが7月にニューヨーク市で開始するヘリコプターサービス「Uber Copter」に競合することになりそうだ。Bladeも同様のヘリコプターサービスを提供している。

 米CNETはVoomにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]