logo

アイロボット、教育用ロボットを手がけるRoot Roboticsを買収

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年06月21日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iRobotは米国時間6月20日、教育用ロボットを手がけるRoot Roboticsを買収したと発表した。

Root

 この買収により、iRobotはコーディングロボット「Root」を提供することも発表した。

 Root Roboticsは、4歳以上の子供にコーディングを教えることのできる教育用ロボットを提供していた。コーディングロボットのRootには2つの車輪があり、テーブルや床、カウンタートップなどの表面の上で動作可能だ。

 生徒は、グラフィカルなブロックからテキストのみのコーディングまでを網羅するコーディング言語に基づいて、Rootに描画や作曲、入力への応答、さまざまなタスクの実行を指示することができる。

 教育はiRobotにとって成長の可能性がある分野だ。同社には、データサイエンスの活用を中心として、スマートホームや消費者向けのオペレーティングプラットフォームになることを目指す戦略がある。iRobotには、独自の教育プラットフォームとロボットがあるが、Root RoboticsはiRobotが小学校に進出することを可能にする。

 iRobotによると、今回の買収は同社の決算に大きな影響を及ぼさないという。 Rootは現在、ロボット1個が199ドル(約2万1000円)、6個入りのパッケージが1199ドル(約12万9000円)で販売されているほか、学校向けに30個入りのパッケージが5995ドル(約64万3000円)で提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]