logo

アップルのクックCEO、スタンフォード大卒業式でスピーチ--シリコンバレーの課題など語る

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月18日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は米国時間6月16日、スタンフォード大学の卒業式でスピーチしたが、卒業生を鼓舞しようとしただけでなかったようだ。シリコンバレーに対する批判も口にした。

 Cook氏はスピーチでシリコンバレーについて、そのルーツはスタンフォードにあると述べた上で、責任を取らずに功績を求めていると指摘した。同氏はデータ漏えい、プライバシー侵害、奇跡を起こすといううその約束などの問題を取り上げた。また具体的な企業名は挙げなかったが、こうした企業が生み出しているものについて次のように語った。

 「こんなことを言わなければならないとは少し馬鹿らしく感じるが、混乱を作ったならばその混乱の責任から逃れられない。責任を取るということは、物事を徹底的に考え抜く勇気を持つということだ」(Tim Cook氏)

 同氏はまたデジタル監視による、自由な表現を抑制するような悪影響にも触れた。

 「デジタルプライバシーのない世界では、人とは違う考え方をするという以外に何も間違ったことはしていないとしても、自分自身を検閲し始める。最初から全てを、というわけではない。少しずつだ。リスクを減らし、希望を減らし、想像しなくなり、大胆にやってみることを控え、創造、挑戦をしなくなり、語ることを控え、あまり考えなくなる」(Tim Cook氏)

 Appleはプライバシーに注力している。同社は6月に開催しした年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)では、電子メールアドレスの代わりに「Apple ID」を利用できる新しいログインシステム「Sign In with Apple」を発表した。

Apple Tim Cook CEO
WWDCでのCook氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]