logo

グーグルの「Stadia」用コントローラー、予約受付を開始--米国向けストアで

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年06月18日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのストリーミングゲームサービス「Stadia」用のコントローラーが、「Stadia Founder's Edition」とは別に単体で販売される。

「Stadia」用のコントローラー
提供:James Martin/CNET

 Googleは先ごろゲーム見本市「E3」でFounder's Editionを発表した。このエディションは129ドル(約1万4000円)で期間限定の予約販売を行っているもので、Stadiaサービスを最初に利用できる権利、限定版のコントローラー、「Chromecast Ultra」ストリーミングデバイス、「Stadia Pro」の3カ月利用権などがセットになっている。さらに今回、米国向けGoogleストアから69ドル(約7500円)でコントローラーのみを予約できるようになった。

 とはいえ、Stadiaのコントローラーを単体で購入しても同サービスをすぐに利用することはできず、すでにFounder's Editionを購入していて、2台目のコントローラーを必要としているユーザーか、友人に付与されるバディパス(Stadia Proを3カ月試用できる)を通じてサービスを利用するユーザーの購入が望ましいと、Googleは述べている。

 このコントローラーは、Wi-FiとBluetoothに対応、USB-Cポートを備えるほか、付属の「Googleアシスタント」ボタンでマイクを起動できる。また、リチウムイオンバッテリーとヘッドホンジャック、それにスクリーンショットや動画を撮影できるキャプチャーボタンを搭載している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]