logo

国内初のMicrosoft Teams向け音声通話サービス--月額800円、MSとソフトバンクが連携

佐藤和也 (編集部)2019年06月17日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトとソフトバンクは6月17日、次世代コミュニテーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップを締結。「Office365」におけるコラボレーションツール「Microsoft Teams」向けの音声通話サービス「UniTalk」を、8月1日から提供すると発表した。

日本マイクロソフト代表取締役社長の平野拓也氏(左)と、ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼COOの今井康之氏(右)
日本マイクロソフト代表取締役社長の平野拓也氏(左)と、ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼COOの今井康之氏(右)

 UniTalkは、Microsoft Teamsのユーザーがオフィスや外出先から、PCやスマートフォンを使って固定電話番号(0AB-J番号)での発着信ができる新しいサービス。すでに海外ではMicrosoft Teams向けの音声通話サービスが提供されているが、日本においては初めて、ソフトバンクがUniTalkを提供する。Microsoft Teamsのクラウド基盤と、ソフトバンクの電話網を直接接続し、高度なシステム連携により、従来のIP電話よりも高い品質の音声通話サービスを提供できるとうたう。

UniTalkの概要
UniTalkの概要

 Microsoft Teamsに音声通話サービスを統合できるため、ビジネスに必要なあらゆるコミュニケーションをシームレスかつ場所を問わずに行うことができ、多様なワークスタイルに対応可能とうたう。また、固定電話番号が利用できるため、企業の顧客対応業務などで「050」番号ではなく、「03」や「06」といった地域性がある市外局番からはじまる電話番号を利用したいというニーズにもこたえることができる。マルチデバイス対応かつオンライン音声通話サービスであるため、顧客のオフィスへの固定電話機の設置や電話回線の引き込み、宅内工事が不要であるため、設備運用や管理負担が軽減できるとしている。

UniTalkの利点
UniTalkの利点

 国内向けの音声通話を、1番号当たり月額800円(税別)の定額料金で利用可能。別途ユニバーサル料金が必要。また、UniTalk番号基本料にかかわる初期費用1000円(税別)が別途かかる。利用にはOffice365、Microsoft Teamsのライセンス契約が必要となっている。

月額800円(税別)の定額料金で提供する
月額800円(税別)の定額料金で提供する
今後のスケジュール
今後のスケジュール
ソフトバンク側では、UniTalkの販売目標を100万契約とし、早期に達成する考えを示した
ソフトバンク側では、UniTalkの販売目標を100万契約とし、早期に達成する考えを示した

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]