logo
Kickstarter

家庭向けチョコレート用3Dプリンター「mycusini」--スイーツに載せる飾りを手作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 手作りスイーツを振る舞う際、飾りや相手の名前をチョコレートでデザインして上に載せられたら楽しいだろう。しかし、チョコレートで美しい文字を書いたり、立体物を作ったりするのは難しい。

 そこで、導入しやすい家庭向けチョコレート用3Dプリンター「mycusini」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

こんなチョコレートの飾りが簡単に(出典:Kickstarter)
こんなチョコレートの飾りが簡単に(出典:Kickstarter)

 mycusiniは、樹脂のフィラメントでなく、チョコレートで立体物を作れる3Dプリンター。もちろん、成形物は食べられる。この種のデバイスはプロ用として以前から存在するものの、価格が2000ユーロ(約24万4000円)以上するそうで、家庭向けではなかった。mycusiniは、Kickstarterで198ユーロ(約2万4000円)からと価格を抑え、導入しやすくした。

家庭でも導入しやすくした(出典:Kickstarter)
家庭でも導入しやすくした(出典:Kickstarter)

 サイズは19×19.5×27cmと、一般家庭の台所にも置きやすい。使い方も簡単で、付属のカートリッジに専用チョコレート「mycusini 3D choco」をセットし、プリントしたい文字やデザインを選べば成形できる。より自由にデザイン可能にするため、STLファイル入力にも対応させる計画。

好きな形のチョコレートが作れる(出典:Kickstarter)
好きな形のチョコレートが作れる(出典:Kickstarter)

 リフィル用チョコレートは専用のmycusini 3D chocoでなく、自分で用意することも可能。ただし、テンパリングなどが面倒なため、手間なく作業できる専用リフィルが便利だという。

カートリッジにリフィル用チョコレートをセット(出典:Kickstarter)
カートリッジにリフィル用チョコレートをセット(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月9日まで。記事執筆時点(日本時間6月17日13時)でキャンペーン期間は22日残っているが、すでに目標金額1万ユーロ(約122万円)を上回る約1万5000ユーロ(約183万円)の資金を集めている。

mycusiniの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]