logo

アップル、インテルのドイツでのスマホ向けモデム事業の買収を検討か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月13日 08時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、Intelのドイツのスマートフォンモデム事業の買収を検討していると報じられている。The Informationは米国時間6月11日、AppleとIntelの間の交渉を把握しているとする4人の人物の話として、この買収は、「iPhone」用の独自の5Gチップを開発しようとするAppleの取り組みに役立つ可能性があると報じた。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 初代iPhoneはInfineon Technologiesのモデムチップを搭載した。Intelは2011年にInfineonのWireless Solutions事業を買収しているが、それ以降は、QualcommがAppleのモデムチップサプライヤーとなり、IntelのチップはQualcomm製チップのライセンス料で係争が起きた後の「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」まで採用されなかった。

 AppleとQualcommが4月に訴訟を取り下げることで合意すると、Intelはスマートフォン向け5Gモデム事業から撤退することを発表した。

 Intelは米CNETに対し、自社の5Gモデム事業に対して「多大な関心」が寄せられていることを認めたが、どの企業と話し合いを持ったかは明らかにしなかった。

 「社外アドバイザーを雇用して、当社の無線5G端末事業に対する戦略的な選択肢の評価を支援してもらっている」と電子メールの声明には記されていた。「当社は、無線モデム製品のポートフォリオと知的財産(IP)の両方で価値を構築している」(Intel)

 5月には、AppleがiPhone用の自社製5Gモデムを2024年終盤または2025初頭までに完成させる可能性があると報じられていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]