logo

成田空港の共用ラウンジ、センシング技術を使ったシャワールーム在室確認を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 成田空港ビジネスとOrigin Wireless Japanは6月11日、シャワールームの利用状況を確認するソリューションを、成田空港第1ターミナルにある航空会社共用ラウンジ「NARITA PREMIER LOUNGE」において6月14日から導入すると発表した。

キャプション

 同サービスは、Origin Wireless独自のTime Reversal Machine(TRM)技術を活用したTRM(wirelessAI)方式(Wi-Fiセンシング技術)を採用しており、GPSの届かない屋内において、事前学習やキャリブレーションなく誤差50cmで利用可能なリアルタイム屋内位置測位が可能だという。

キャプション
キャプション

 また、カメラ映像によるモニター監視と異なり、電波の変化状況を解析して人の動静をリアルタイムで認知できるため、シャワールームというプライベートな空間でも、管理者は利用者のプライバシーを守りながら利用状況を把握できるようになる。

キャプション

 さらに、照射範囲が限られる従来のセンサーの設置ではなく、空間内を反射して回り込む電波の特性を活用しており、壁や物陰が死角となることがほとんどないという。

キャプション

 同サービスの導入により、利用希望者へのよりスムーズな案内が可能になるほか、シャワールーム内でアクシデントが発生した場合にも迅速に対応できるようになる。

キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]