logo

Ubisoft、定額ゲームサブスクリプションサービス「Uplay+」を9月に開始へ

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月11日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubisoftもゲームのサブスクリプションサービスを提供する。

 アクションアドベンチャーシリーズ「アサシンクリード」などのタイトルで知られる仏ビデオゲームメーカーUbisoftは、「Windows」PCとGoogleの「Stadia」サービス向けの新サブスクリプションサービス「Uplay+」を9月3日から提供することを「Electronic Entertainment Expo(E3)」で発表した。料金は月額14.99ドル(約1600円)。

 対応地域のプレーヤーは6月10日よりUplay+に登録することができる。Uplay+は「Watch Dogs: Legion」や「Tom Clancy's Ghost Recon Breakpoint」「Assassin's Creed Odyssey」など、今後発売予定のものを含む同社のタイトルへのアクセスをプレーヤーに提供する。Ubisoftによると、同サービスでは、計100種類以上のゲームがプレイ可能になる予定だ。

 Ubisoftの製品管理部門を統括するBrenda Panagrossi氏は声明の中で、「プレーヤーがどこにいても、当社のゲームとサービスを利用できるようにしたい」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]