logo

中国当局、国有企業4社に5Gライセンスを承認--ファーウェイに追い風か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月07日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、中国当局は現地時間6月5日、国有企業4社に対して5Gライセンスを承認したという。これにより、華為技術(ファーウェイ)などのベンダーへの投資が誘発される見通しだ。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Reutersによると、通信事業者の中国移動通信(China Mobile)、China Unicom(中国聯合通信)、中国電信(China Telecom)のほか、放送局のChina Broadcasting Network Corporationもライセンスを取得したという。

 これらの通信事業者は2018年末にトライアルライセンスを与えられたが、6日の発表により、当初の予定だった2020年よりも早く商業展開を開始することが可能になった。これにより、ファーウェイなどのベンダーへの初期投資も促進されるだろう、とReutersは報じた。

 今回の発表に先立って、ファーウェイはロシアの5Gネットワークの発展を支援する契約を締結している。また、Donald Trump米大統領は同社の中国政府との親密な関係をめぐる国家安全保障上の懸念から、米国の通信ネットワークから同社を事実上締め出す命令に署名した。米国はさらに、同盟国に対してもファーウェイ製品を禁止するよう圧力をかけていた。

 ファーウェイは中国政府とのつながりを一貫して否定しているが、今週、同社の幹部が米国などの国と「スパイ防止協定」を結ぶ意思があると発言していることが明らかになった

 ファーウェイにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]