logo

パナソニック、4Kダブルチューナー搭載の有機EL「ビエラ」--独自組立パネル採用機も

加納恵 (編集部)2019年06月04日 14時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月4日、有機ELテレビに4Kダブルチューナーを搭載した新シリーズ「ビエラ GZ2000/GZ1800/GZ1000」を発表した。GZ2000には、自社設計、組立による有機ELディスプレイを採用する。いずれも発売は7月19日。

新シリーズ「ビエラ GZ2000/GZ1800/GZ1000」を発表
新シリーズ「ビエラ GZ2000/GZ1800/GZ1000」を発表

 全シリーズともに65、55V型の2サイズをラインアップ。BS4K、110度CS4Kを2つ、地上、BS、110度CSデジタルを3つ搭載し、別売のUSB HDDを接続すれば、録画にも対応する。

 GZ2000は、パナソニック初となる自社設計、組立を採用した高コントラスト有機ELディスプレイを採用した特別仕様。有機ELの発光性能を引き出すことで、今まで以上の高コントラスト映像を実現する。

 独自のパネル制御「Dot Contrast パネルコントローラー Pro」により、明るさと色の情報を個別に制御でき、明部でも豊かな階調や色表現を実現。パネルチューニングでは、暗部の再現力を追求している。

 独自の信号処理技術「ヘキサクロマドライブ プラス」は、全輝度域で測定誤差を低減することで、業務用のマスターモニターの精度に近い「色再現力」を実現。色補正技術3次元カラーマネジメント回路「ダイナミック 3D-LUT」を有機ELパネルの特性にあわせてチューニングすることで、画面の明るさに合わせて、動的に補正量を変化させ、暗部だけでなく明部でも階調と色彩を忠実に再現できるとしている。

 テレビ一体型イネーブルドスピーカーを備え、最大出力140Wの「DYNAMIC SOUND SYSTEM」を導入。「Tuned by Technics」を冠し、目の前で声が響いているような画面中央に定位するサウンドを再現する。

  • TH-65GZ2000(65V型、想定税別価格:60万円)
  • TH-55GZ2000(55V型、想定税別価格:40万円)
「ビエラ GZ2000」
「ビエラ GZ2000」

 GZ1800/GZ1000は、パネル制御に「Dot Contrast パネルコントローラー」、信号処理技術に「ヘキサクロマドライブ プラス」を採用。業務用のマスターモニターの精度に近い色再現力を実現した。

 GZ1800は、トゥイーター2個、ミッドレンジスピーカー4個、ウーファー4個で総合出力80W、GZ1000は、スコーカー2個、ウーファー2個で総合出力50wのスピーカーを内蔵する。

 全機種ともに、AIの活用でSDRの映像もHDRのような高コントラスト映像に変換「AI HDRリマスター」に対応。スマートスピーカーと連携し、ビエラを操作できる。

  • TH-65GZ1800(65V型、想定税別価格:53万円)
  • TH-55GZ1800(55V型、想定税別価格:33万円)
  • TH-65GZ1000(65V型、想定税別価格:49万円)
  • TH-55GZ1000(55V型、想定税別価格:29万円)
「ビエラ GZ1800」
「ビエラ GZ1800」
「ビエラ GZ1000」
「ビエラ GZ1000」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]