logo

勇者となって現実世界で遊べる--位置ゲー「ドラゴンクエストウォーク」発表会

佐藤和也 (編集部)2019年06月03日 19時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 発表会の司会進行を務めた徳光和夫さん(左)と、平井理央さん(右)。

 発表会の司会進行を務めた徳光和夫さん(左)と、平井理央さん(右)。

 スクウェア・エニックスは6月3日、東京都内にあるスターライズタワーにて、スマートフォン向け「ドラゴンクエスト」シリーズの新作発表会を開催。その場で位置情報を活用した新作「ドラゴンクエストウォーク」を発表した。対応OSはiOSとAndroidで、2019年内にリリース予定。基本プレイ無料のアイテム課金制。

 本作は、ドラゴンクエストの世界と化した現実世界を、自らが主人公となって歩き、冒険を進めていく、新しい体験ができるRPGという。フィールドを歩き、町の人の話を聞きながらクエストを進めていく。開発はコロプラが担当している。

 発表会では、徳光和夫さんと平井理央さんによる司会進行のもと、ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏と、本作のプロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの柴貴正氏が登壇し、ゲームをアピール。また、スピードワゴンの小沢一敬さんと平井さんが、東京タワー周辺を実際に歩きながらデモプレイを行うといったことも行われた。

 開発のきっかけについて柴氏は、約3年ほど前、当時スマートフォン向けの位置情報を活用したゲームが盛り上がりを見せており「スマホならではの新しい遊びに、ドラゴンクエストの世界観にうまくはまれば面白いのでは」と、堀井氏に相談をしたことが始まりだったという。堀井氏は「あのときは『Pokemon GO』も流行っていて(笑)」とストレートな発言も飛び出したが、柴氏は「ドラゴンクエストと(位置情報ゲームを)掛け算したら、いろんなことができるのでは」と振り返った。

 柴氏からは、本作の特徴として、クエストなどゲーム内イベントの目的地を自分で選択して決めることができる「目的地システム」、任意の場所を自宅として設定し、カスタマイズしたり、帰宅してお出かけボーナスがもらえるという「自宅機能」、実際の建物がゲーム内に登場する「ランドマーク」を挙げた。

 配信に先立ち、ベータ版体験会を6月11日から開催。プレーヤー募集を行っている。募集期間は6月5日までで、募集人数は2万人(iOS版、Andoroid版各1万人ずつ)。参加資格は18歳以上。また、関東圏(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)のみの実施としている。

 締めくくりの挨拶のなかで、小沢さんは本作について「自分が行った場所でモンスターに出会って、勇者として動いて倒すことができるから、これだよねと思えた。みんなが遊んで、みんなが勇者になったら、日本はすごく平和な国になるのかな」とコメント。柴氏は「とても新しい体験を味わえるゲーム。(ベータ版体験会のテストでは)何か問題が起こるかもしれないが、上手く乗り越えて面白いゲームにしていきたいと思う」と語った。そして堀井氏は、「ずっと言いたかったけど、言えなかった。やっと大っぴらに言うことができて嬉しい。今度はスマホを持って実際の街を冒険するという新しい体験なので、散歩することが楽しくなる。そうそう遠くない未来に、みんなに遊んでもらえるようになると思う。楽しみにしてほしい」とメッセージを送っていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]