logo

米司法省、グーグルの独禁法違反調査を準備か

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月03日 09時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米司法省(DOJ)は、Googleが独占禁止法に違反していないかどうか調査を開始する準備を進めているという。The Wall Street Journalが米国時間5月31日夜に報じた。

Google
提供:Leon Neal/Getty Images

 記事によると、DOJはGoogleの検索やその他の事業慣行を調査する見通しだ。米連邦取引委員会(FTC)は、数年前にGoogleを調査したが、今回はDOJが調査を行うという。

 FTCは、Googleが検索結果の表示に偏りがあるとの訴えを受け、2年間に及ぶ調査を実施したが、2013年にGoogleは独占禁止法に違反していないと結論付けた。DOJの反トラスト局はこの数週間、「調査の準備を進めていた」とWSJは報じている。

 米CNETはGoogleとDOJにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]