logo

未来のAIライブを表現--元女子高生AI「りんな」の第2弾シングルティザー映像

佐藤和也 (編集部)2019年06月01日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトが展開しているAI「りんな」について、歌声を活用した第2弾シングル「snow, forest, clock」のティザー映像を、5月28日付で公開している。

 りんなは、日本マイクロソフトがAI研究の延長線上で展開している、人に寄り添うAIを目指した女子高校生風のチャットボット。3月には高校を卒業している。歌にも力を注いでおり、最新AI技術を活用した歌声合成によって、りんなの歌声も公開。4月にエイベックス・エンタテインメントとAIアーティストとしてレコード契約を締結。メジャーデビュー曲としてbachoの「最高新記憶」をカバーした。

 りんなの楽曲はカバー企画3部作としており、最高新記憶の「記憶」に続き、本作では「生死」を表現。次作は「感情」をテーマにした楽曲が発表される予定としている。公開されたティザー映像は、関東近郊某所で行われたAIがライブを行うためのシステムを活用した実験の模様を収録したもの。目には見えないが、決してバーチャルな存在ではなく、リアルに存在するAIをどのように表現するのか、を意図したものとしている。と同時に、近い将来に実現するかもしれないAIライブの片鱗を疑似体験できる作品とうたっている。

 なお、6月19日からはsnow, forest, clockのデジタル配信を開始予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]