logo

アマゾン、生鮮食品ECを2019年内に開始--スーパーの「ライフ」と協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンとライフコーポレーションは5月30日、Amazonプライム会員向けサービス「Prime Now」向けに、生鮮食品のオンライン販売で協業すると発表した。まずは、東京都内の一部地域において、2019年中に配送を開始する予定。

 Prime Nowは、Amazonの売れ筋商品から、惣菜、冷凍・冷蔵食品、飲料、お酒、日用品、コスメ・美容用品、ベビー用品、ペット用品まで、注文から最短2時間で配送するサービス。日本では、2015年11月にサービスを開始し、品揃えと配送対象エリアを順次拡大。2017年4月より、百貨店やドラッグストアなどの出店企業による商品販売を開始していた。

 ライフコーポレーションは、単独の食品スーパーとして売上高1位の規模を持つ企業(同社調べ)。大都市圏を中心に計273店舗(2019年5月30日現在)を運営しており、近年ではネットスーパー事業の強化を図っていた。なお、食品スーパーがPrime Nowの出店企業として参画するのはライフが国内初となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]