logo

スウェーデンEinride、自動運転EVトラック「T-pod」の公道試験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデン企業のEinrideは、公道で電気自動車(EV)タイプ自動運転トラック「T-pod」の試験走行を開始した。

公道で自動運転EVトラックの試験を開始(出典:Einride)
公道で自動運転EVトラックの試験を開始(出典:Einride)

 T-podは貨物運搬用の自動運転トラックで、完全な自動運転のほか、遠隔操作による制御が可能。運転席を設けていないため、全長23フィート(約7m)というコンパクトなサイズを実現できたという。

運転席をなくしてコンパクトにした車体(出典:Einride)
運転席をなくしてコンパクトにした車体(出典:Einride)

 Einrideは、T-podの公道走行に必要な認可をスウェーデン政府の交通庁から受けていた。ただし、この走行許可は工業地区におけるごく短い距離に限定され、速度も極めて遅いという。

 認可されたEinrideは、物流会社DB Schenkerの協力を得て、倉庫から配送ターミナルまでの商用貨物輸送を4月より実施している。

試験にはDB Schenkerが協力(出典:Einride)
試験にはDB Schenkerが協力(出典:Einride)

DB Schenkerと実施中の公道試験(出典:Einride/YouTube)


 なお、Einrideは木材運搬用の自動運転EVトラック「T-log」の開発にも取り組んでいる。

木材運搬用のT-log(出典:Einride)
木材運搬用のT-log(出典:Einride)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]