logo

Robot Home、オートロックをスマホで解錠できる「kit HOME ENTRANCE」--外出先から応答も

加納恵 (編集部)2019年05月17日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TATERUの子会社であるRobot Homeは、エントランスキー「kit HOME ENTRANCE」を導入した最新のIoTアパートのモデルルームを公開した。外出先からスマートフォンで解錠ができる。

スマホで解錠できる「kit HOME ENTRANCE」
スマホで解錠できる「kit HOME ENTRANCE」
モデルルーム室内。間取りは1DK
モデルルーム室内。間取りは1DK

 kit HOME ENTRANCEは、スマートフォンから解錠ができる集合玄関用のカメラ付きインターフォン。訪問客からの呼び出しを、部屋に付いている「セントラルコントローラー」とスマートフォンの両方に通知するため、入居者は各デバイスから相手を確認し受話応答、解錠ができる。

 合わせて壁付けタイプの新コントローラーも用意。マイク機能を内蔵し、自宅にいる時は、セントラルコントローラーから相手の顔を確認し受話応答、解錠ができるため、室内にインターホンは不要だ。

「kitアプリ」をインストールしたスマートフォン(左)と壁付けの「セントラルコントローラー」
「kitアプリ」をインストールしたスマートフォン(左)と壁付けの「セントラルコントローラー」
 

 各室には、IoTの賃貸住宅を手軽に提供できるIoTサービス「Apartment kit for Customer」を完備。セントラルコントローラーのほか、窓の開閉や揺れを検知して外出中でもアプリに知らせる「TAG SECURITY」、アプリ、テンキー、交通系ICカード、物理鍵の4つの方法で解錠ができる「SMART LOCK」、家電の遠隔操作ができる「NATURE SENSOR REMOTE CONTROLLER」、「SMART LIGHT」などを備え、スマートな暮らしをサポート。AIスピーカーと組み合わせれば、照明やテレビの電源オンなどが声で操作できる。

 いずれも、専用の「kitアプリ」から一括操作ができ、複数のアプリをインストールしたり、立ち上げたりする手間が不要。「入居初日から使える簡単さと快適さを目指した」という。

 新たに「在宅モード」と「お出かけモード」を用意することで、空気の入れ替えなどで窓を開閉してもアラートが出ないようにすることが可能。アプリには不動産管理会社などとのチャット機能もあるため、ゴミ出しの日や工事などをお知らせがアプリ上で完結する。

各部屋にも「SMART LOCK」を完備
各部屋にも「SMART LOCK」を完備
窓の開閉や揺れを検知して外出中でもアプリに知らせる「TAG SECURITY」。新たに「在宅モード」も設けた
窓の開閉や揺れを検知して外出中でもアプリに知らせる「TAG SECURITY」。新たに「在宅モード」も設けた

 モデルルームは、東京都板橋区⾚塚にある⽊造3階建てのアパート。賃貸住宅オーナーや不動産管理会社、施工、建築関係者向けに公開しており、専用ウェブサイトから予約ができる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]