logo

オンキヨー、ホームAV事業を米国Sound Unitedに譲渡--傘下にデノン、マランツ

加納恵 (編集部)2019年05月15日 15時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは5月15日、ホームAV事業を米国Sound Unitedとその持株会社であるViper Holdings Corporationに譲渡すると発表した。同日開催した取締役会にて決定し、6月26日に開催予定の時株主総会で承認を諮る予定。

 オンキヨーでは、2015年3月にパイオニアグループのホームAV事業を統合。ヘッドホン、イヤホン、デジタルオーディオプレーヤーなどのモバイル機器のほか、AI(人工知能)対応製品の開発にも取り組んでいた。

 Sound Unitedは音響機器の開発設計、製造販売を手がけ、デノン、マランツ、ポークオーディオなどのブランドを傘下に持つ。今回の事業譲渡よって、Sound Unitedは、AV事業において世界トップクラスの規模を有することになる。

 オンキヨーは今後、ヘッドホン、イヤホン、デジタルオーディオプレーヤーなどのモバイル機器の企画、販売を中心としたデジタルライフ事業と、家電、自動車メーカーをはじめとする企業に対して音のソリューションを提供するOEM事業に注力していく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]