logo

東京建物ら3社、スマートビルディング実現に向けIoT活用環境整備を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京建物は5月14日、テクサーとシリコンテクノロジーの技術協力のもと、スマートビルディング実現に向け、IoT機器の無線通信にかかる実証実験を行ったと発表した。

 本実験は、無線通信として、IoT普及に貢献する通信方式であるLPWA(Low Power Wide Area)の一種である「ZETA通信」を採用し、オフィスビル室内の温湿度、照度、共用スペースの利用状況を遠隔監視することで、その通信精度を検証したもの。

 実証実験では、ZETA通信の基地局アンテナを東京建物八重洲ビル屋上に設置し、約230メートル離れた東京建物本社ビル7階に中継器、温湿度センサー、照度センサー、人感センサーを設置し、2018年12月1日から2019年3月1日の期間、各センサーが取得したデータをZETA通信によりビル間で伝送し、クラウド上のサーバーに蓄積した。

 実証実験の結果、ZETA通信にデータ損失がない完全なデータ伝送が行われており、スマートビルディング実現において、有用性が高いことを確認。今後は、東京建物が管理するビルにおいて段階的に通信環境を整備し、2019年内を目標に、日本橋、八重洲、京橋エリアにおけるZETA通信網の拡大を目指すとしている。

実証実験概要
実証実験概要

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]