logo

インテルのチップに新たな脆弱性--「Microarchitectural Data Sampling(MDS)」

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月15日 08時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelのチップにまたしても脆弱性が検出された。熟練したハッカーならば、マイクロプロセッサーから機密情報を引き出すことが可能だという。Intelと独立系のセキュリティ研究者らが米国時間5月14日に明らかにした

コンピューターチップ
提供:Monika Sakowska / EyeEm / Getty Images

 研究者らによると、マイクロプロセッサーの脆弱性は「Microarchitectural Data Sampling(MDS)」と総称され、4つの関連技術で構成されるという。悪用されると、コンピューターのその他の部分のセキュリティを担うパスワードなどの情報が奪われる可能性がある。この調査結果について先に報じていたWiredは、この脆弱性の影響を受けるPCは膨大な数になるとしている。

 10を超える組織にそれぞれ所属する複数の研究者らが14日、この脆弱性に関する調査結果を発表した。この脆弱性は、2018年に発表された「Meltdown」や「Spectre」と同種類で、いくつかの類似性が見られるという。まず、タスクをより高速に実行できるようにハードウェアに保持される、チップ上に格納されたデータに影響を与えることだ。また、ハッカーは新しい脆弱性を利用することで、チップから情報を盗む前に、不正なソフトウェアをユーザーの端末上で実行できるという。

 Intelは声明で、この脆弱性を利用した攻撃から身を守る最良の方法は、システムソフトウェアを最新の状態に保つことだと述べた。この脆弱性は、第8世代と第9世代の「Core」プロセッサーと、第2世代の「Xeon Scalable」プロセッサーファミリーで修正されている。それ以外のチップには、マイクロコードアップデート(MCU)が提供される。

 Intelは、この脆弱性に対する同社の修正によって、さまざまなプロセッサーの性能にどのような影響が生じるかを示すデータも公開した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]