logo

レノボ、企業向けAR/VRプラットフォーム「ThinkReality」発表

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年05月14日 13時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボは現地時間5月13日、ソフトウェアとハードウェアで構成される新しい拡張現実(AR)/仮想現実(VR)プラットフォーム「ThinkReality」を発表した。ARやVRが企業に浸透しつつあることを受け、エンタープライズをターゲットとしたThinkRealityプラットフォームは、「Microsoft HoloLens」の新たな競争相手となるかもしれない。

Lenovo ThinkReality

 ThinkRealityブランドから最初にリリースされるデバイスは、ハンズフリーのヘッドアップディスプレイ「ThinkReality A6」だ。重さは380gで、片目ごとに1080pの解像度と40度の対角視野角を実現した。またThinkReality A6は、Qualcommの「Snapdragon 845 Mobile XR Platform」を備える「Android」ベースのコンピュートボックスを利用する。

 ThinkRealityプラットフォームはデバイスやクラウドに依存しない。つまり、顧客企業はこのプラットフォームを利用して、複数のOS、クラウドサービス、デバイスでAR/VRソフトウェアアプリケーションを管理できる。

 レノボによると、このプラットフォームは、修理時間の短縮、ワークフローの効率化、コラボレーションの改善、従業員教育の改善といったソリューションなど、さまざまな用途のARで利用できるように設計されているという。

 またレノボは同日、「ThinkIoT」エコシステムの拡大も発表した。北京にある同社の敷地内では、現在新しいコンピュータビジョンを使った自動レジをテストするパイロットプログラムを実施している。このプログラムで使用されているデバイスは、自動精算サービスでよく目にするような長い行列や価格読み取りエラーをなくしたいと考える小売店向けなどを想定したものとなっている。

ThinkIoT

 コンピュータビジョンを用いた自動レジのプロトタイプは、カメラ、プロセッサー、センサーを内蔵し、買い物客はバーコードを利用せずにすべての商品を同時にスキャンできる。バーチャルウォレットの決済ゲートウェイにも対応できるという。

 レノボはさらに、「Microsoft Azure」との新たなパートナーシップによってIoT事業も拡大しようとしている。両サービスを利用している顧客は、レノボの「ThinkIoT」のハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを、「Azure SQL Database Edge」をはじめとするAzureのIoT、AI、データ管理ソリューションと共に使用できる。

 PC分野では、超コンパクトなデスクトップPCシリーズ「Lenovo ThinkCentre M90n」を発表した。コールセンターなど、スペースに限りがあるような場所で使用することを念頭に設計されており、サイズは「Lenovo ThinkCentre Tiny」の3分の1だ。

 一方、「ThinkBook S」は中小企業向けに設計された新型のノートPCだ。延長保証、1ランク上のサポート、セキュリティ機能「ThinkShield」といった企業向けのオプションを搭載している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]