logo

ジェンダーを特定しない絵文字、「Android Q」で導入へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年05月09日 09時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが米国時間5月8日、「Android Q」で53種類のノンバイナリージェンダー(男女どちらとも定義されない性自認を指す言葉)の絵文字を導入する方針を明らかにした。

Googleの絵文字
提供:Google

 これらの絵文字は、7日にベータリリースとして、「Pixel」シリーズのスマートフォンに配布された。今後は2019年内に、次期モバイルOSのAndroid Qに導入される予定だ。

 GoogleのデザイナーJennifer Daniel氏はFast Companyの取材に対し、ジェンダーは複雑だと述べたうえで、次のように語った。「ジェンダーを単一の画像で伝えるのは不可能な話だ。(ジェンダーは)さまざまな要素で構成された概念であり、一定の範囲内で流動的に動いているものだ」

 Googleから送られた絵文字の画像に添えられた説明によれば、裁判官のように、新しいヘアスタイルを追加するだけで済んだ絵文字もあれば、吸血鬼のように、衣装に工夫をこらすことが必要になった絵文字もあるとのことだ。ノンバイナリーの吸血鬼が首に巻いているのは、蝶ネクタイやネックレスではなく、チェーンだ。

 「(これらの絵文字)すべては、われわれがお互いを見つめ合い、ジェンダーについて深く考えるきっかけになるだろう」とGoogleは説明の中で述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]