logo

ゆうちょ銀行、スマホ決済サービス「ゆうちょ Pay」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゆうちょ銀行は5月8日、GMOペイメントゲートウェイと連携したスマートフォン決済サービス「ゆうちょ Pay」を開始した。

キャプション

 同サービスは、ゆうちょ銀行とのパートナー店舗で支払う際に、スマートフォンアプリを介して、あらかじめ登録したゆうちょ銀行の口座から代金を引き落とせる決済サービス。利用可能な上限金額は、1日200万円、1カ月500万円の範囲内で自由に設定可能。

 また、東急線各駅の券売機(世田谷線、こどもの国線を除く)を使った貯金の引き出し機能のほか、GMOペイメントゲートウェイが提供する同様の決済システムを導入した金融機関と相互利用できる「銀行 Pay(マルチバンク対応)」に対応。横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行が提供する決済サービスと相互利用が可能だ。

 利用可能店舗は、ヤマダ電機やエディオン、ケーズデンキ、ベスト電器といった家電量販手のほか、ドラッグストアなどで決済可能。今後は、松屋、ミニストップ、ポプラ、東急ハンズ、和民、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、上新電機などでも利用可能になるという。

キャプション
利用可能店舗
キャプション
今後利用可能になる店舗

 なお、ゆうちょ Payをダウンロードして口座登録したユーザーのうち、先着100万名に現金500円を付与するキャンペーンを実施。期間は、5月8日から9月30日までとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]