logo

ソニー、Ultra HD ブルーレイプレーヤーを発表--Dolby Visionにも対応

加納恵 (編集部)2019年05月08日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月8日、HDR技術「Dolby Vision」に対応したBDプレーヤー「UBP-X800M2」を発表した。Ultra HD ブルーレイソフトの再生に対応する。発売は7月6日。想定税別価格は4万5000円前後になる。

「UBP-X800M2」
「UBP-X800M2」

 4K Ultra HD ブルーレイにおける標準規格「HDR10」や「Hybrid Log Gamma(ハイブリッドログガンマ)」に加え、Dolby Visionにも対応し、さまざまな4K HDRフォーマットの再生をカバー。Hybrid Log Gammaは、ネット動画配信サービスとUSBメモリからのコンテンツ再生の双方に対応する。

 従来の4KテレビやプロジェクターでもHDRコンテンツの魅力を最大限に楽しめるよう、独自技術を搭載。独自のアルゴリズムにより、バランスの良いコントラストと自然な色調を再現できるほか、テレビ用、プロジェクター用にそれぞれ5段階の変換レベルを設定でき、視聴機器に合わせて最適な明るさを選べる。

 筐体は、AVアンプで採用している高剛性シャーシ構造に加え、シールド構造の部品追加により、強度をさらに向上。電源基板とメイン基板の間にシールド構造を設けることで基板間の放射ノイズを遮断し、従来機の約3分の1まで低減しているという。FLAC、WAV、ALACなどのハイレゾファイル再生に加えて、DSDについては最大11.2MHzの再生まで可能。CD音源やMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」も備える。

内部構造。電源基板とメイン基板の間にシールド構造を設けている
内部構造。電源基板とメイン基板の間にシールド構造を設けている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]