logo

一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」で感じた「Oculus GO」との違い

藤井涼 (編集部)2019年05月02日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のOculusは、新型の一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラスクエスト)」を5月21日に発売することを発表した。価格は64GBモデルが4万9800円、128GBモデルが6万2800円。同端末は、従来のOculus RiftのようにPCに接続する必要がなく、Wi-Fi環境さえあればいつでもどこでも、“VR空間を歩きながら”ゲームや映像を楽しめる6DoF対応のデバイスだ。

新型VRヘッドセット「Oculus Quest」
新型VRヘッドセット「Oculus Quest」

 Oculus Riftからの乗り換えを検討しているユーザーもいると思うが、同じくPCなしに遊ぶことができ、外出先にも持ち出せる、スタンドアロン型のVRヘッドセット「Oculus GO」からの乗り換えを考えている人は多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。CNET Japan編集部では、日本での発売に先駆けてOculus Questを体験することができたので、Oculus GOとの違いを中心に同端末の魅力を紹介していこう。

端末スペックの違いは?

 まず、簡単に両端末のスペックを比較しよう。Oculus GOは、2万3800円の32GBモデルと、2万9800円の64GBモデルから選べる。ディスプレイ解像度は2560×1440のWQHD液晶パネル。リフレッシュレートは60〜72Hz、プロセッサーはSnapdragon 821。トラッキングはヘッドトラッキングのみの3DoF(回転)となっている。コントローラーはスティック型が1つ。本体サイズは190mm×105mm×115mmで、重量は468g。

キャプション
「Oculus Quest」(左)と「Oculus GO」(右)

 一方のOculus Questは、4万9800円の64GBモデルと、6万2800円の128GBモデルから選べる。ディスプレイ解像度は2880×1600のOLED(有機EL)。リフレッシュレートは72Hz、プロセッサーはSnapdragon 835。トラッキングは、空間を自由に移動できる6DoF(回転・上下左右前後)となる。コントローラーはOculus Touchが2つ。本体サイズは193×222×105mmで、重量は571gとなっている。

 Oculus QuestはOculus GOの約2倍の価格だけあって、解像度やプロセッサー、トラッキング、コントローラーなど、すべてにおいて高性能となっている。ただし、本体が100gほど重いため、Oculus GOに慣れていると少し重く感じるかもしれない。

デザインやボディに違いは?

 続いて、端末のデザインやボディの違いを見ていこう。まず本体正面は、Oculus GOは平面なのに対し、Oculus Questは丸みを帯びた形状をしている。また、Oculus Questには前面にトラッキング用の4つのカメラが搭載されている。ヘッドバンドは、Oculus GOは柔らかい布製だが、Oculus Questはゴム製でよりがっしりと頭を固定できる。

Oculus Questの前面は丸みを帯びた形状になっている
Oculus Questの前面は丸みを帯びた形状になっている
Oculus Questは前面に4つのカメラを搭載
Oculus Questは前面に4つのカメラを搭載

 ボタンについては、Oculus GOでは本体上部に電源ボタンと音量調整ボタンがあるが、Oculus Questでは本体右側面に電源ボタン、本体下部に音量調整ボタンと瞳孔間距離調整スライダーがある。

Oculus Questは本体下部にもボタンがある
Oculus Questは本体下部にもボタンがある

 また、Oculus GOの左側面には充電用のMicroUSB端子とイヤホンジャック、Oculus Questの左側面には充電用のUSB Type-C端末とイヤホンジャックがある。どちらも、充電用端子とイヤホンジャックがあるが、Oculus Questは右側面にもイヤホンジャックが搭載されており、好きな方を利用できる。

どちらも本体左側面に充電用の端子がある
どちらも本体左側面に充電用の端子がある

使い勝手に違いは?

 最後にそれぞれの使用感の違いについて。ホーム画面やコンテンツ選択などの操作性は大きく変わらないが、やはりOculus Questは6DoFに対応しており空間を自由に歩き回れる点、そして2つのコントローラーをまるで自分の手のように操ってゲームをプレイできる点が、圧倒的にVR体験をリッチにしている。これがOculus RiftのようにPCを使うことなく実現できるのは嬉しい。

キャプション
Oculus Questで空間を歩きながらVRゲームをプレイしているところ

 いま自分のいる部屋の大きさにあわせて、VR空間内を歩ける「ルームスケール」をすぐに変更できるため、友人の家などに持って行って遊ぶ際にも、細かな設定などせずに即座に遊ぶことができる。VR空間を越えると本体前面に搭載されたカメラによって画面上に現実世界が映るため、壁にぶつかるといった心配もない。

 画面上に現実世界が映るため、壁にぶつかる心配はない
 画面上に現実世界が映るため、壁にぶつかる心配はない

 また、細かい点だが、Oculus GOでは前髪がレンズの間にあるセンサーにかかると、端末を頭から外したと認識され、画面が暗くなることが多々あった(その度に、前髪を上げる必要があった)。Oculus Questではそうした誤認識は一度も起きていないので改善されているようだ。

 レンズ間のセンサーもOculus Questの方が高性能だ
 レンズ間のセンサーもOculus Questの方が高性能だ

 以上、簡単ではあるが、一体型VRヘッドセットであるOculus GOとOculus Questの違いを紹介した。価格は2倍近いが、空間を歩き回れる高性能なVRゲームを、いつでもどこでも手軽に持ち歩けるようになるのであれば、決して高い金額ではない(むしろ安いとすら感じてしまう)と筆者は感じた。今後のコンテンツ次第ではあるが、Oculus GOユーザーにもOculus Questは自信を持ってお勧めできる端末だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]