logo

三井不動産とフィンランドのMG、街づくりにおけるMaaSの実用化へ向け協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産は4月24日、MaaS(Mobility as a Service)のプラットフォーム「Whim(ウィム)」を展開する、フィンランドのMaaS Global(MG)と、街づくりにおけるMaaSの実用化に向けた協業について契約を締結したと発表した。MGに出資し、2019年内に首都圏において、交通事業者等と連携した実証実験を開始する。

 MGは、自国のヘルシンキに加え、ベルギー、イギリス、シンガポールなどの都市での実用化に向け、現地の提携企業とともにサービス範囲を拡大するMaaS企業。三井不動産は、世界の知見を生かした日本での本格的な実用化に向け、出資を決定した。

 Whimは、MGが提供するMaaSの統合スマホアプリ。公共交通のみならず、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなどのあらゆる移動手段を組み合わせて、最適な移動体験を提供する。料金体系は、交通サブスクリプションモデル(定額制)を導入する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]