logo

W ventures、50億円ファンドを組成--「どんどん失敗しよう」を掲げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション

 W venturesは4月24日、50億円のファンドを組成し、投資活動を開始すると発表した。「どんどん失敗しよう」をフィロソフィーに掲げ、スタートアップチームの一員として、ただの投資関係にとどまらない事業成長をサポートすることで、スタートアップが挑戦しやすい環境を作るとしている。

 同社は、東明宏氏(グリーとグロービス・キャピタル・パートナーズでベンチャー投資事業に従事)と、新和博氏(NTTドコモとミクシィでベンチャー投資事業に従事)を中心に設立されたベンチャーキャピタル。

 同ファンドでは、ライフスタイル、エンターテインメント、スポーツといった生活を豊かにする分野を中心に、シード・アーリー・プレシリーズA期にあるBtoC/BtoBtoC事業のスタートアップを対象とした投資活動を実施する予定。なお、組成にあたっては、ミクシィを中心に50億円を調達した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]