logo

ソフトバンクがOYOと合弁会社--日本でホテル事業を開始

加納恵 (編集部)2019年04月05日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホテルや住宅などの事業を展開するOYO Hotels & Homesは4月4日、ソフトバンク、ソフトバンク・ ビジョン・ファンドとともに合弁会社である「OYO Hotels Japan 合同会社」を設立し、日本でホテル事業を開始すると発表した。

 OYOは、インド発のユニコーン企業。3月にヤフーと合弁会社「OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN」を立ち上げ、賃貸住宅事業である「OYO LIFE」の開始を発表している。OYO Hotels & Homesは、2013年にリテシュ・アガルワル氏が設立。10カ国、500以上の都市でホテルや住宅などの事業を運営しており、世界第6位のホテルチェーンとなっている。

 OYO Hotels Japanは、全国のホテル経営者に、テクノロジーを全面的に生かしたホスピタリティーモデルの価値を提供していくとのこと。国内外からの出張者および観光客が、サービスのクオリティーが統一された信頼できるホテルを、手頃な価格で利用できることを目指す。また、小規模・独立系ホテルには、スピード感のある変革をもたらすとともに、先進的なAI技術を活用したホテルマネジメントシステムを提供し、経営の効率化と収益性の向上に貢献するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]