logo

アップル、生産を100%クリーンエネルギーで賄うサプライヤーが2倍に

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年04月12日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間4月11日、同社向けの生産を100%クリーンエネルギーで賄うと約束したサプライヤーの数がほぼ2倍に増え、全体で44社になったことを明らかにした。これによりAppleは、サプライチェーンで使用する再生可能エネルギーを2020年までに4ギガワットに拡大するとした目標も達成する。同期間内には5ギガワットに増えると見込んでいるという。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 Appleで環境、政策、社会イニシアティブ担当バイスプレジデントを務めるLisa Jackson氏は、声明の中で次のように述べている。「私たちはAppleが遵守しているのと同じ環境基準をサプライヤーの皆さんにも最優先課題としていただくようお願いしてきました。このお互いの協力姿勢を広く皆さんに知っていただくことで、世の中の規範となることを願っています。(中略)世界中でクリーンエネルギーへの転換がさらに進むよう、今後も私たちの業界内での変化を促進してまいります」

 同社が取引するサプライヤーの総数は明らかでない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]