logo

アルヒ、銀行の住宅ローン事務受託事業を開始--RPAなど活用する子会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルヒは4月10日、同社の100%子会社である「アルヒRPAソリューションズ株式会社」を、3月20日に設立したと発表した。

 アルヒRPAソリューションズは、4月10日に大手銀行と業務委託契約を締結し、5月より、全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」に関する事務受託事業を開始する予定だ。

 受託事務は、フラット35における事前審査、本審査、契約から融資実行までのサポートが主な内容。OCRやRPAの導入による、簡素化された申込書類やデータの自動判定など、アルヒのシステムを活用した事務処理を行う。

 RPAなどのテクノロジーを活用し、審査事務から融資実行事務のサポートまで行う事務受託事業は業界初になるとのこと。顧客に対する住宅ローンの説明、契約面談や融資実行等は、銀行側が行う。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]