logo

Uber、企業が顧客の乗車代を払うプログラム「Uber Vouchers」を発表

Jake Holmes (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ) 編集部2019年04月10日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業は新しい「Uber Vouchers」プログラムを使うことで、顧客をイベントに送迎するシャトルバスの手配を省けるようになるかもしれない。さらには、得意客に無料の移動を特典として提供できるようになる可能性もある。米国時間4月9日に発表されたUber Vouchersは、企業が顧客のために大量のライドシェアリングの代金を払えるようにする。Uberは声明で、このプログラムが「移動の面倒を見ることで、新規の集客、既存顧客への特典、顧客サービスの拡充などを行う」新しい方法を提供すると述べている。

提供:Uber
提供:Uber

 Uberは例として、Uber Vouchersの試行に1年にわたり一緒に取り組んだ企業を挙げている。たとえば、高級モールが無料のUber乗車を顧客に提供するかもしれない。Uberによると、レストランチェーンのTGI Fridaysが、バウチャーを使った無料乗車で売り上げが落ちる時間帯のビジネスを増やしたり、ディナーでお酒を飲む人向けに「安全な乗車」による帰宅を提供したりする可能性があるという。

 Uber Voucherを使用すると、企業はプロモーションのために特定の場所と時間を選択できるほか、乗車場所や降車場所を制限することも可能だ。顧客に費やす運賃の上限を設定することもできる。一方、顧客は電子メール経由で、または自分のUberアプリで直接Voucherを受け取るだけだ。Uber Voucherプログラムは9日、同社が事業を展開する市場の多くで提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]