logo

Slack Japanが新オフィスを公開--“縁側“など和風を意識

佐藤和也 (編集部)2019年04月10日 12時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Slack Technologies CEOのスチュワート・バターフィールド氏(中央)、Slack Japan カントリーマネージャーの佐々木聖治氏(右)、Slack Technologies エンタープライズプロダクト部門責任者のイラン・フランク氏(左)。
Scroll Right Scroll Left

 Slack Technologies CEOのスチュワート・バターフィールド氏(中央)、Slack Japan カントリーマネージャーの佐々木聖治氏(右)、Slack Technologies エンタープライズプロダクト部門責任者のイラン・フランク氏(左)。

 Slack Japanは4月9日、東京の大手町パークビル内に移転した新オフィスをメディア向けに公開した。

 新オフィスは大手町パークビルの17階で、3月初旬に移転。世界では10番目のオフィスになるという。床面積は約1400平方メートルで、最大80名程度の従業員が収容可能。社員だけではなく、パートナーとのコラボレーションも念頭に仕事を進めることを重視して設計されたものとしている。

 特徴となっているのは“縁側”。伝統的な日本の建築様式をモチーフに、オフィスを横断する長い縁側スペースを、西側の窓前面に沿って設けており、これに沿ってカフェや会議室などの異なる機能の空間を配置しているという。窓からは皇居が一望できるようになっている。また縁側スペースの床面は、日本庭園の池の水面をイメージした艶のある黒色の塗装で施されているという。

 複数の会議室やセミナールーム、コワーキングワークスペースに加え、乳幼児の保護者のためのマザーズルーム、社員の健康維持のためのマッサージルームなども用意されている。なお新オフィスのデザインは、SUPPOSE DESIGN OFFICEが担当したとしている。

 Slack Japan カントリーマネージャーの佐々木聖治氏は「Slackはデジタルなコラボレーションハブとしてのサービスを提供しているが、物理的でリアルなオフィスもコラボレーション拠点として、Slackのメンバーとお客様がつながり、新しい働き方のスペースとして活用していきたい」と語る。

 米国Slack Technologies CEOを務めるスチュワート・バターフィールド氏も挨拶。同氏はSlackの日本展開において、効率性を求めることや、得意分野を極める改善を行うこと、チームワークなどの調和性、変化していく世界に対して、柔軟に対応することなど、日本の企業や労働者の考え方と、Slackが重要視していることは似ているとし、「Slackは、日本の働き方改革を加速する触媒的な役割を果たす」とコメント。日本の顧客とも深い関係にあるとし、日本市場に向けても本腰を入れて推進するとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]