logo

JOLED、INCJらから総額255億円の資金調達--千葉事業所に後工程製造ラインを構築

加納恵 (編集部)2019年04月08日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有機ELディスプレイを開発、製造、販売するJOLEDは4月8日、千葉県茂原市に開設した「JOLED千葉事業所」に後工程製造ラインを構築すると発表した。設備投資には、INCJ、ソニー、NISSHAを引受先とする第三者割当増資により調達した、総額255億円の資金の一部を活用している。

 JOLEDの有機ELディスプレイ製造ラインは、JOLED能美事業所にて、アレイ工程から印刷OLED工程までの「前工程」を行ったあと、JOLED千葉事業所にて「後工程」であるモジュール工程を行い、最終検査を経て製品として出荷する。千葉事業所は、有機ELディスプレイ月産約22万台の生産能力を備える「後工程」製造拠点として、能美事業所と同時に2020年稼動開始予定だ。

 今後は、中型・高精細の有機ELディスプレイを提供し、有機EL分野におけるリーディングカンパニーを目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]