logo

新元号「令和」への気持ちを“絵文字”で表すと?--ソフトバンクが緊急調査

藤井涼 (編集部)2019年04月01日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府は4月1日、新元号「令和」を発表した。これを受けて、ソフトバンクは新元号に対する感想を、平成生まれの文字である“絵文字”で答えてもらう「#新元号を絵文字で調査」を実施し、その結果を発表した。調査対象は、ソフトバンクの公式FacebookやTwitter経由で回答した1398人。

 まず、新元号である令和を知った「今の気持ち」を「表情の絵文字」で聞いたところ、1位は上を向いて「考えている表情」(28.7%)、2位は目を丸くして「驚いている表情」(19.7%)、3位は「口を開けて笑っている表情」(15.1%)となった。同社はこの結果について、「令和」にどのような意味が込められているのか自分なりに考える様子、初めて聞いた元号に驚いた様子、新しい時代の始まりを感じて笑顔になる様子などがうかがえると説明する。

キャプション

 続いて、残すところ1カ月となった平成の「最後の日に食べたいもの」を、料理・食材の絵文字で答えてもらったところ、1位は圧倒的な得票数で「お寿司」(43.6%)、2位は「お肉」(16.3%)となり、贅沢な料理・食材で「平成最後の日」を過ごしたいという気持ちがうかがえる結果に。また、3位は「ラーメン」(10.2%)、4位は「ケーキ」(6.3%)、5位は「おにぎり」(5.5%)、6位は「カレーライス」(4.4%)となり、国民食として愛される料理が上位にランクインした。

キャプション

 ソフトバンクでは、同社が実現に向けて取り組んでいる分野を絵文字で表したものの中から、新時代に「最も期待すること」も質問。その結果、1位は「自由な働き方の浸透」(44.8%)、2位は「AI技術による医療や保険の発展」(27.3%)、3位は「自動運転の一般化」(13.6%)、4位は「人間とロボットの共生」(8.4%) 、5位は「VR・AR(仮想現実・拡張現実)の実用化」(5.9%)という結果となった。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]