logo

コスモスイニシア、凸版印刷の新建材を使ったリノベーションマンション

加納恵 (編集部)2019年03月29日 16時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大和ハウスグループのコスモスイニシアは3月29日、凸版印刷が開発した「壁面マグネットパネルシステム」と「トッパンIoT建材シリーズ:ステルスヘルスメーター」をリノベーションマンションシリーズ「&リノベーション」に導入したと発表した。住宅への導入は今回が初めてになるという。

技術建材を取り入れてリノベーションしたマンション
新技術建材を取り入れてリノベーションしたマンション

 新開発の建材を導入したのは「ルネ門前仲町」(壁面マグネットパネルシステム)と「クレッセント高津II」(トッパンIoT建材シリーズ:ステルスヘルスメーター)になる。

 壁面マグネットパネルシステムは、パネルに取り付けた棚板を自由に移動できるというもの。アート、写真、小物の飾り棚などの用途に使用でき、キャットウォークや本棚としても使える。

「壁面マグネットパネルシステム」
「壁面マグネットパネルシステム」

 トッパンIoT建材シリーズ:ステルスヘルスメーターは、洗面室の床下点検口にヘルスメーターを内蔵し、表面を洗面室の床材で仕上げたヘルスメーター。計測データは表面液晶部分とスマートフォンに表示する。

洗面室の床に埋め込まれた「トッパンIoT建材シリーズ:ステルスヘルスメーター」
洗面室の床に埋め込まれた「トッパンIoT建材シリーズ:ステルスヘルスメーター」

 コスモスイニシアと凸版印刷は、2016 年9月から、共同でリノベーションマンションの商品、施工方法の開発を続けており、今までにも新建材やリノベーション工事を多数採用してきたとのこと。今後も「新しい暮らし方に対応した住まい」や「環境にやさしいリノベーション施工方法」の開発を続けていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]