logo

アップル、外部業者による修理を容認へ方針転換か

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年03月29日 12時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 修理に対するAppleの方針を変えさせようとしている人々は、近いうちにさらなる勝利を収められるかもしれない。

 リークしたとみられるAppleの社内プレゼン資料を、Motherboardが入手したとして報じている。その資料では、外部の技術者が診断アプリを利用できるようにして、入手できる同社製デバイスの部品も増やす計画が詳しく説明されている。これにより、Apple製デバイスの所有者が、複雑な作業をしてもらうためにAppleの修理センターにデバイスを送る必要はなくなるかもしれない。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 この動きは、デバイスのユーザーによる自己修理や、専門家を通じた修理を可能にする立法を求める動きが広がっているのに対応し、Appleがルールの変更を進めていることを示す新たな兆候だ。デバイス修理企業のiFixitなど、こういった動きを支持する側は、Appleのようなテクノロジ企業に対して、ユーザーが携帯電話やコンピュータを自分で修理したり独立系の修理ショップに修理してもらったりできるようにするべきだと主張している。

 Apple本社があるカリフォルニア州を含む十数州以上が、こうした考え方を支持する法律を通過させることを検討している。

 Appleはコメントの依頼に応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]