logo

マイクロソフト、Mac対応の「Microsoft Defender ATP」を限定プレビューに

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年03月22日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月21日、同社のウイルス対策ソフトウェアが「Mac」にも対応したことを発表した。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」は「Microsoft Defender Advanced Threat Protection」に改称され、同時にAppleの「macOS」にも対応したと、Microsoftはブログ記事の中で明らかにした。

 ATPクライアントは、「macOS Mojave」か「macOS High Sierra」、または「macOS Sierra」を搭載するデバイスにインストールできる。通常のウイルス対策や脅威に対する保護機能を備えるほか、システムのクイックスキャンやフルスキャンが可能だ。

 現時点では、Microsoftの企業顧客が登録できる限定プレビューとしてのみ提供されている。

 Microsoftは先週、「Windows 10」の最新プレビュー「Build 18358」で、「Windows Defender Application Guard」を「Chrome」と「Firefox」の拡張機能として追加している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]