logo

[ブックレビュー]英文法を自然に身につける日記という方法--「英語文法日記」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Urban Meetup Tokyo
詳細:単行本(ソフトカバー) / 160ページ / Urban Meetup Tokyo / 著者:竹内 智則 / 監修:竹内 智則 / 発売日:2018/11/26 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.4cm ×2.0cm / 重量:0.2kg
内容:英語で読み、書き、話すには、文法の知識が欠かせないが、文法の勉強をしようとすると、なぜか「英文法について」勉強することになってしまう場合が多い。そこで必要な文法を、できる表現が増えていくような自然な順番で、丁寧に説明してくれるのが本書だ。
「英語文法日記 ー 英語を思い通り紡ぐための実践書」
「英語文法日記 ー 英語を思い通り紡ぐための実践書」

 英語で読み、書き、話すには、文法の知識が欠かせないが、文法の勉強をしようとすると、なぜか「英文法について」勉強することになってしまう場合が多い。そうではなくて、今自分が言いたいことや書きたいことは、どのように単語を組み立てれば、「英語として」おかしくないように表せるのかを知りたいのだ。そのために必要な文法を、表現できることが増えていくような自然な順番で、丁寧に説明してくれるのが本書だ。英語をとても身近なものにしてくれる。

 「英語で日記なんて難しそうだし、間違えたら恥ずかしい」と思うかもしれないが、日記なので基本的に人に見せる必要はない。本書では、まずは名詞(「りんご」など)。次に名詞を修飾する形容詞(「赤いりんご」になる)。そして、「私は〜です」「すごく〜だ」「私は〜をやった」「私は〜をやったことがある」と、少しずつ表現の幅を広げていけるようになっているし、いつでも前に戻って復習できる。手帳に1〜2文書く程度なら続けられそうだ。

 英語である程度の文章は書けるという場合でも、「なんとなく」で使っていた単語のきちんとした使い分けを再確認したり、簡単な表現でありながら知らなかった表現を覚えたりできるのでお勧めだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]