logo
Kickstarter

組み立てれば動くジグソーパズル型ロボット「ActivePuzzle」--プログラミング不要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 科学・技術・工学・数学(STEM)教育用ロボットは、プログラミングや機械制御の概念を学べる優れた教材だ。しかし、開発環境でプログラムを組まないと動かせないロボットは、小さな子どもだと難易度が高すぎる。

 そこで今回は、ジグソーパズルのピースと似た形のブロックを使って組み立てられるロボット「ActivePuzzle」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

ジグソーパズルのピースと似た形のブロックを組み合わせる(出典:ActivePuzzle公式Facebookページ)
ジグソーパズルのピースと似た形のブロックを組み合わせる(出典:ActivePuzzle公式Facebookページ)

 ActivePuzzleは、さまざまな機能の割り当てられたブロックを組み合わせると、何らかの動きをするロボットが作れるSTEM教材。プログラミングする必要がなく、年齢を問わず使いやすい。

プログラミングせずロボットを動かせる(出典:Kickstarter)
プログラミングせずロボットを動かせる(出典:Kickstarter)

 ロボットの動きを制御する中心的なブロックは存在せず、電源ブロック、センサーブロック、モーターブロック、論理回路ブロックなどを適切に組み合わせると、連携して特定の動作を実行する。たとえば、何かを近づけるとLEDが光ってファンが回転する扇風機、近づけられた物を追いかける車、植木鉢の土が乾燥するとブザーを鳴らす監視装置などが作れる。

作れるロボットの例(出典:Kickstarter)
作れるロボットの例(出典:Kickstarter)
植木鉢の乾燥を監視(出典:Kickstarter)
植木鉢の乾燥を監視(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月28日まで。記事執筆時点(日本時間3月18日13時30分)でキャンペーン期間は10日残っているが、すでに目標金額1万5000ドル(約167万円)の3倍を上回る約4万8000ドル(約535万円)の資金を集めている。

ActivePuzzleの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]