logo

ベライゾン、米2都市で5Gネットワークの提供を開始へ--4月から

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年03月14日 13時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Verizonは米国時間3月13日、待ち望まれていた5Gネットワーク「5G Ultra Wideband」の提供を4月11日からシカゴとミネアポリスで開始すると発表した。ただし、Verizonによれば、このサービスを当初利用できるのは両都市の一部地域のみで、より広い地域への展開はその後になる。同社は、2019年末までに30以上の都市で5Gサービスを開始する予定だ。

 Verizonはまた、この次世代ワイヤレスサービスの月額料金について、現在の容量無制限プランに10ドル(約1110円)を上乗せした価格にしたことを明らかにした。サービス開始に伴い、Motorolaの「moto z3」向け機能拡張モジュール「5G moto mod」もリリースされる。米国で14日から事前予約が開始されるこのモジュールを追加することで、moto z3はVerizonの5Gサービスに対応した初のスマートフォンになるという。

 「5Gで数々の『史上初』を成し遂げてきた企業として、5Gにアップグレード可能な初のスマートフォンをVerizonユーザー限定で提供できることを大変うれしく思っている」と、Verizonの最高技術責任者(CTO)であるKyle Malady氏はプレスリリースで述べている。同社はまた、4月発売予定の新しいサムスン製5G対応スマートフォン「Galaxy S10 5G」も販売する計画だ。

 Verizonのライバルである通信事業者のAT&Tも、2019年前半にロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンノゼ、ラスベガス、オーランド、ナッシュビルの7都市で5Gネットワークを提供する準備を進めている。さらにシカゴとミネアポリスでも年内に提供を予定している。Sprintも、アトランタ、シカゴ、ダラス、ヒューストン、カンザスシティ、ロサンゼルス、ニューヨーク市、フェニックス、ワシントンDCの市街地で、同社初の5Gサービスを2019年前半に開始する予定だ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]