logo

Netflix、日本の大手アニメプロダクション3社と新たに提携--アニメ作品さらなる拡充へ

加納恵 (編集部)2019年03月12日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは3月12日、日本の大手アニメプロダクションである、アニマ、サブリメイション、デイヴィッドプロダクションの3社と包括的業務提携を結んだと発表した。全世界190カ国に向けたオリジナルアニメコンテンツの拡充に注力していく。

 今回の提携により、アニマとはNetflixオリジナルの実写SFシリーズ「オルタード・カーボン: リスリーブド」のアニメ作品の制作を決定。サブリメイションとは世界中で話題の同名ゲームを元にしたオリジナルアニメシリーズ「ドラゴンズドグマ」、デイヴィッドプロダクションとは漫画原作に基づく「スプリガン」を制作する。

 Netflixは、2018年にプロダクション・アイジー、ボンズと同様の契約を結んでおり、新たに3社と提携することで、アニメコンテンツのさらなる拡充を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]